陽だまりの中で - 航空写真の旅
         ☆ 写真で綴る心の機微 ☆
空撮-県別分類


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

Shin7777

Author:Shin7777
性別:男
年齢:もう歳
所在:南の方
特技:マラソン

Shin7777の陽だまりへようこそ
ちょっと
休んでゆきませんか。


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ごあんない

ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


あし@


広告
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート みんなのプロフィールSP

検索エンジン登録 ASSISTANT



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢橋帰帆島 - 空撮その1107

滋賀県草津市矢橋帰帆島



 琵琶湖に浮かぶ島
 矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

 下水道浄化センターや大きな公園がある
 人工島です

 3月には琵琶湖マラソン
 オリンピックの最終選考会

 どんなドラマが待っているのでしょうか


スポンサーサイト
伊吹山 - 空撮その710

滋賀県米原市伊吹山


日本武尊
最後の戦いの場所、伊吹山

伊吹山での戦いで
痛手覆った日本武尊は

今の三重県鈴鹿市、能褒野(のぼの)で力尽きます

そして白鳥となり大和へ飛んで帰ったという
伝説が残されています

この話、何で知っているのか

白状しますと

スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」を見たから

歌舞伎は歴史の勉強になります



冬の琵琶湖畔 - 空撮その670

滋賀県大津市今堅田


琵琶湖大橋が雲に隠れて見えません

いつも思うのですが
琵琶湖湖畔は冬の間
雪に覆われているのですよね

この事実
余り知られていないのでは、、、

春が待たれる
琵琶湖です



南浜町 - 空撮その650

滋賀県長浜市南浜町


琵琶湖湖畔
すぐ側には
秀吉の最初の居城、長浜城

流れるは
浅井氏を織田信長が滅ぼした姉川の戦いに
名前が残る姉川

戦国時代の幻が見える
琵琶湖湖畔です



琵琶湖大橋 - 空撮その622

滋賀県琵琶湖大橋


なだらかな曲線美
琵琶湖大橋

橋自身に傾斜があるのが興味深いですね
これは、湖上を行き交う船舶の航行を
配慮したものだそうです

琵琶湖周航
湖岸をぐるりと一周

「今日は今津か、長浜か」
琵琶湖周航の歌のように
一周してみたくなります

その時、くぐる琵琶湖大橋ですね



奥琵琶湖今津 - 空撮その339

滋賀県高島市今津町


琵琶湖湖畔、今津

注ぐ川は、石田川です

今津はあの「琵琶湖周航の歌」にも

「今日は今津か、長浜か」と歌われています


この冬の暖冬
琵琶湖周辺の山々には積雪が殆ど無く
春の雪解け水の不足が心配されます






葛籠尾崎 - 空撮その313

滋賀県琵琶湖畔葛籠尾崎



琵琶湖の北部に突き出た
葛籠尾崎

葛籠尾崎から水深70メートルの湖底からは
縄文土器が出土され
湖底遺跡として世界でも珍しい存在なのだそうです

湖に沈む古の街

琵琶湖の奥深く眠る古代の謎です


2月と言うのにもう春の気配が漂い始めました
喜びの春ですが
季節はずれの春には
閉口します



安曇川(琵琶湖) - 空撮その219

滋賀県高島市安曇川町


琵琶湖西岸、安曇川

ここにも「こどもの国」があるのですね


今日は立冬

冬の気配がする、今朝の陽気です

今年の冬は一段と寒くなりそうです、、

心温まるものが欲しい


西の湖 - 空撮その207

滋賀県近江八幡市西の湖


織田信長の居城、安土城から見下ろした湖

琵琶湖の内湖、西の湖です

織田信長を知らない人はいないでしょうが
織田信長の居城、安土城の場所を
知っている人は少ないのかもしれません


長浜城 - 空撮その107

滋賀県長浜市長浜城址

秀吉の最初の城、長浜城

今浜を長浜と改名して
琵琶湖のほとりに新しい城を築きました

その長浜城も豊臣氏の滅亡とともに
取り壊されています。

現在の長浜城は昭和58年に歴史博物館として
再建されたものです。

左側に見えるのは琵琶湖です

今年の大河ドラマ[功名が辻」の主人公 山内一豊も
天正13年(1585年)から5年間、城主でいた時期がありました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。