陽だまりの中で - 航空写真の旅
         ☆ 写真で綴る心の機微 ☆
空撮-県別分類


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


プロフィール

Shin7777

Author:Shin7777
性別:男
年齢:もう歳
所在:南の方
特技:マラソン

Shin7777の陽だまりへようこそ
ちょっと
休んでゆきませんか。


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ごあんない

ブログ内検索


リンク

このブログをリンクに追加する


あし@


広告
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート みんなのプロフィールSP

検索エンジン登録 ASSISTANT



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万之瀬川河口 - 空撮その1084

鹿児島県南さつま市万之瀬川河口



 万之瀬川河口
 公園も整備されてみるのがわかります

 干潟になっていて
 釣りのポイントでもあり
 多くの野鳥が飛来するそうです


スポンサーサイト
開聞岳 - 空撮その1079

鹿児島県開聞岳



 薩摩富士 開聞岳です
 霧に隠れていますが
 富士山同様の孤立峰で
 その美しい稜線がわかります

 こんな景色をゆっくりと眺める旅行を
 してみたいものです


桜島 - 空撮その1058

鹿児島県鹿児島市桜島



沖縄でのフライトで
桜島が見えました

少し霞んでいて残念ですが

噴煙をはく
その勇壮な姿には圧倒されます


宝島 - 空撮その1049

鹿児島県宝島



昔イギリスの海賊、
キャプテンキッドが財宝を隠したという言い伝えがあるそうです

宝島

人生の宝とは、、、

なんて、シリアスに考えたりします、、、



野間岬 - 空撮その1036

鹿児島県南さつま市野間岬



沖縄発福岡空港行き

那覇空港を飛び立って東シナ海を北上
九州本土で最初に見えてくるのが
鹿児島県最西端の野間岬です

この岬から
イルカウォッチングやクジラウォッチングが
出来ると言いますから
海と山の自然の恵みを体験できる
素晴らしい場所であることが
わかります

都会の喧騒を離れて
年末年始のんびりする場所に
絶好の土地でしょう


口之島 - 空撮その1031

鹿児島県口之島



刻を忘れさせてくれる島々トカラ列島

そのトカラ列島の最北端に位置する
口之島

地図を見ると温泉もあるようです

綺麗な海
綺麗な星空
そして温泉

本当に時間の流れを忘れさせてくれる島
そんな雰囲気が良く分かります

時を忘れて
年を取るのも忘れて
永遠の命がここにはあります


宝島 - 空撮その1026

鹿児島県宝島



ここが本当の宝島

島の名前通り、海賊が財宝を隠したという伝説が
あるそうです

昨日の小宝島よりも2倍近大きさがあり
島の真上を飛んでいるため
島の全景が分かりませんでした

小宝島、宝島
トカラ列島に属します

昨年の皆既日食では
観測ポイントとして
注目されました

この島の本当お宝は
自然と星空であることは
間違いありません


小宝島 - 空撮その1025

鹿児島県小宝島



師走に入りました

また、一年納めの月
そして、新しい年がすぐそこまで来ています

年末と言えば、宝くじですが
そんな宝くじが当たりそうな名前の島

小宝島です

人口43人鹿児島から船で13時間
離島の中の離島と言えるでしょう

温泉も沸き、民宿もあるようです

島の生活は想像できませんが
周りが暗い夜の島の星空の素晴らしさは
知っています


諏訪之瀬島 - 空撮その1021

鹿児島県諏訪之瀬島



煙が島の中央からモクモクと上がっているのが
分かります

小さな島ですが
ここには日本有数の活火山である御岳があります

有名な桜島と同様に
日常的に噴火が発生しているそうです

人口はわずか48人の小さな島
諏訪之瀬島

滑走路が見えますが
この飛行場は観光開発目的で建設されたようですが
不況のためリゾート計画は破綻

現在は緊急時のみ利用されているそうです

火山の島に生きる暮らし
私には想像もできません


硫黄島(鬼界ヶ島) - 空撮その1017

鹿児島県三島村硫黄島



このブログで2回目の登場
鹿児島県東シナ海に浮かぶ硫黄島(いおうじま)

映画「硫黄島(いおうとう)からの手紙」の舞台となった
玉砕の島とは異なります

ここは、平家に敗れて島流しされた
俊寛僧都が流された地となっていますが
ここ以外にも諸説あるそうです

硫黄島飛行場がはっきりわかります

島の北側は珊瑚礁でしょうか
海が美しいのが見えますが
南側の民家が見える湾は
海が赤土色になっています

雨で土砂が海に流れ込んでいるのでしょうか

南海の孤島、硫黄島
でも、ちゃんとここで暮らし生計を営んでいるいる人がいる
このことはまさに、ここが日本であることの証です
なぜか感慨深い思い

尖閣諸島も人が住まなければなりません


新日本石油 喜入基地 - 空撮その1016

鹿児島県鹿児島市新日本石油基地



鹿児島上空からいよいよ東シナ海へ
出ようとする時、眼下に大きな石油施設を見つけました

新日本石油の喜入基地

日本国内の石油使用量約2週間分に相当する
原油735万キロリットルを貯蔵することができるそうです

脱石油が叫ばれて
ハイブリッドカー、電気自動車
そして燃料電池といろいろと
出てきてはいますが

結局その原動力の電気を作っているのは
未だ石油に頼っている訳ですから
何か虚しさを感じてしまいます

脱石油なら
皆車なんか乗らなければいいのに、、、

そう思うのは私だけでしょうか


鴨池球場 - 空撮その1015

鹿児島県鹿児島市鴨池球場



鹿児島市の中心部
天文館からも車で20分足らずの鴨池

海には桜島を臨み
鴨池球場はプロ野球の公式戦も
開催されます

この風光明美に整備された場所が
昭和47年の鹿児島空港開業までは
鴨池空港として鹿児島の空の玄関口だったことは
あまり知る人は少ないかもしれません

今でも当時の航空機の格納庫跡が
面影を残し

昔空港であったということを意識して
散策すると沢山の名残りを見つけることが出来ます

仕事でこの場所にはよく訪れました
錦江湾越しの桜島を見ながら
早朝ジョギングした思い出が残ります


桜島 - 空撮その1014

鹿児島県桜島



鹿児島のシンボル、桜島

残念ながら、噴火口は雲に覆われて見ることが出来ません

鹿児島市内に行けば

海に浮かぶ美しい桜島の姿を
間近に見ることが出来ます

この雄大な桜島の景色を見れば
多くの幕末の志士が生まれたことも
理解できます


鹿児島県大崎鼻 - 空撮その978

鹿児島県枕崎市大崎鼻



薩摩富士 開聞岳

これは2000年12月12日
沖縄に行くときに撮影したものですが
ここでも大崎鼻を捕らえていました

大崎鼻特集3つ目

同じ地名の場所

偶然にも撮影している
これもまた楽し

今度は行ってみたくなります、、、



桜島 - 空撮その914

鹿児島県桜島



今なお噴煙を吐き続ける桜島
その雄大さが西郷や大久保のような志強い人を育てたのでしょうか

人は自然に心を奪われ
人は自然の力によって気持が左右される

それが雄大な自然と言うものの底知れぬ力でしょう

自然を素直に見て、素直に感動する気持ちさえあれば
環境破壊など起こら無いのではないでしょうか





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。